蓮根イラスト練習帳

半アナログ・デジタルイラスト練習帳+ひとりごとです。

薄桜鬼キャラで山南切腹 (2次創作漫画 その2)

 これもイベントに出ようかと思って描いたものですが、描いたら気がすんでしまいました・・。でもせっかくなので数冊本として印刷してもらった物を、友人知人に配っておしまいにすることにしました。私友人知人でもらってないけど、まあもらってやってもいい、という方はご一報ください。ただ、なぜかphotoshopで書き出ししたら着物のトーンなどがぜんぶ飛んでしまっています。あと紙の種類の選択が良く解らなかったため本文(漫画部分)がやけにてかてかしているという代物です。表紙は結構うまくいったんだけどな・・。出来上がりを見て気がつきました。数冊で良かった・・。

 

 とにかく、せっかくなので、またピクシブで自由に閲覧できるようにしたいと思います。こちらはまた部分のみです。すいません・・。

 

 【注意】完全なる自己満です。薄桜鬼キャラで、司馬遼太郎燃えよ剣(上の部分)」もどき。つか「山南切腹」前後です。10の内、ゲーム1.5、小説1.5、史実1、あとねつ造という代物です。どの角度から見てもゆるいです。エログロ殺陣BLなんも無し。しかも全64p。沖田さん、斎藤さん出てきますがメインは山南さんです。その山南さんも自身に都合よく描いてあるため、ゲーム内の「腕のケガ」とか鬱陶しいこと一切無し。途中「お前だれ」って人が出てきますが、原画集の後ろの方にあったラフ画を参考にねつ造したものなので、あまり気にしないでください。ヒロインの名前もタイトルに因んで変えてあります。本当は明里ですが、職業も微妙に違うのでまあ、いいかな、と。強いて言えば激甘沖田ルートの脇的位置。見どころは、自分で読み返しても笑うほどの重度の山南病と、絵柄の右往左往でしょうか・・・。

 

  というわけなので、気が向いたとき、お時間ある時に読んでいただけたら幸いです。都合上、前編、後編のぶつ切り分けです。重ねがさね、めんどくさくてすいません・・。よろしくお願いいたします。

 あと、前回同様、トーンや、今回は屯所の門など背景素材の一部お借りしました(ややこしいですが背景・背景素材は一応全部自分で描いたものです)。

 どうもありがとうございました(^◇^)

 

f:id:renkon375:20130818131548j:plain

f:id:renkon375:20130818132126j:plain

 

f:id:renkon375:20130819231317j:plain

 

続き  前篇→http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=38318637

後篇→http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=manga&illust_id=38327091

 

 よくよく考えたら小説をそのまま漫画化すれば良かったんだ・・・、と気がついたのは、すべてが終わった後でした。

 格子越しの別れのシーンは結構有名だと思いますが、永倉新八の回顧録、新選組顛末記にはそのような記述はないらしく、「後年の創作じゃね?」という説もあるようです。私は、燃えよ剣を読んで「なんて気の毒な人なんだ」と思った印象が強く、だからこそ今に至るのですが、それないとこの人なんもないじゃん・・。より一層不憫に思ってしまいました。とはいえ、勇坊がそれを目の前で見ていて(ちょっと印象が違うけど)、老年になりそれを語った、などと書かれた本もあり、真相はわかりません。そこがいいのかもしれませんが。

 

 

 次は水泳アニメFREE!でなんか描けたらいいかなぁ等と思っています。いや、あの絵とってもかわいいなあと思って。いつになるかな・・。   

 

 朝夕涼しくなってきましたので、お体に気をつけて下さい。ここまで読んでくださった方、どうもありがとうございました。

 それではまた(^◇^)